導入から出荷までの流れ

週に2度子牛が運ばれてきます。
導入重量 平均45キロ

子牛をチェックします。

一頭一頭、牛舎へ

ミルクはコンピューターで管理

自動哺乳機

最初は一頭ずつ教えます。

ミルクを飲まして大きく育てます。

ミルクから濃厚飼料へ

月齢に合わせて牛舎を移動します。

月齢によって餌が変わります。

おがくず寝具の自社開発製造・販売
「緑のおがくず寝具ロール」の登録商標です。

月齢によって餌が変わります。
(夏場と冬場では違います)

牧草は自社畑で生産(1番牧草、2番牧草)

寝床はいつもきれいにして・・・。

各ステージにおいて
給与量を調整します。

出荷月齢 平均25カ月

出荷重量 平均850キロ


出荷します。

㈱北海道畜産公社へ年間約1,500頭出荷
横浜食肉市場㈱へ年間約300頭出荷
㈱秋田県食肉流通公社へ年間約72頭出荷